RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08
20
Category : 暮らす
2007-08-20.jpg

 毎日体温近い暑さで、バテ気味な方も多いのでは?我が家もさすがに夜はクーラーを入れて寝ているが、やはりクーラーの涼しさというのは温度を高めにしたとて、体にとっては自然とはいいがたいようだ。一昨日の土曜日、急に25℃くらいの涼しさがやってきた時には、どっと疲れが出て、午後には親子3人で3時間もぐうぐう昼寝をしてしまった。

 最近の愛用品「椿油」の話。片付け物をしていたら何年も前に伊豆大島へいった時のみやげ物が出てきた。島に1件しかない(…だったと思う)伝統的な絞り方の工場で、作るところも見せていただいた。

 髪は洗いすぎるとよくないのはわかっているが、さすがにこの暑さでは毎日先髪することになる。しかも紫外線の影響もあってか髪がいたみがち。で、椿油が登場。効き目があるとは知っていたが、これほどまでとは、と驚いた。ほんの1~2滴を先髪後になじませたら、髪がぺったり。う~ん、これでは効きすぎ、ということで洗う前に髪になじませ、その後シャンプー、という方法にしたらこれがとても快適。しっとりつやつやになるのだ。

 1ビン1000円もしなかった記憶があるが、ほんの少量でこれほどまでの効果があるとは。某化粧品会社がTSU○○KIというシリーズのヘアケア商品を作るために大島の椿油を買い占めた…なんて噂も聞いたが、あながちウソではないかも。油のビンなので水場におくわけにいかず、風呂に入る前に髪につけるのをついつい忘れる…ということだけが難点である。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。