RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10
27

●第5回『もちきびと豆腐のスフレ生地と応用』『ネギの白湯スープ』

アップが遅くなってしまいましたが、今回はもちきびと豆腐で作るスフレの生地とその応用。オムレツやカニ玉、タコ焼きなどの生地に使える便利なレシピです。今回はその中からいくつかのメニューを作ってみました。

「もちきびのオムレツ」生地を丸く焼いて具をはさめばオムレツのできあがり。トマト風味のライスの上にのせればオムライスのできあがりです。

「天津丼」基本の生地に干し椎茸やネギを加えて焼き、醤油あんをかければカニ玉、ごはんの上にのせれば天津丼のできあがり。

「野菜いため」生地をオーブンで焼いて一口大に切り、野菜と一緒にいためればコクのあるおいしい野菜炒めに。

いずれも冷凍がきいて、常備しておくと便利な一品です。

「ネギの白湯スープ」はひたすら白髪ネギを切り、昆布と干ししめじでコトコト煮込んだスープ。シンプルながら思わず「おいし~い」と声の出る、冬に嬉しいメニュー。

●実践コース2007は11月でいったん終了、2008年は2月からまた同じ形式でスタートします(毎年12~1月は私も参加者の方も忙しいということでお休みです。)内容は決まり次第DM、このブログでお知らせします。2007年と重ならない内容でいきますので、ぜひ参加してください。

●つぶつぶ雑穀講座(基本コース)は、2008年は2006年の内容ベースにもどります。つぶつぶ料理として最初に知っていただきたいメニューはある程度決まってきていますので、2年(10回)参加していただくと、代表的なメニューをひととおり見て味わうことができますよ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。