RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12
06
有のパン1

有のパンへ行ってきました

有のパンは、日本の天然酵母パンの父ともいわれるブッシュ・ピエール氏の息子、ブッシュ有宇山さんの店。
那須塩原の少し手前、西那須野にあります。

数年前に仕事の関係で有さんのパンをいただく機会があり、
「ひさびさに本格的な天然酵母パンに出会った!」と感動したことが忘れられずにいました。
味もさることながら、見た瞬間に綺麗だな、おいしそうだなという何かが伝わってくるパン。
今回栃木の知人を訪ねる機会があり、一緒に訪ねてみることに。

有のパン7

もとは写真屋さんだったという建物で、看板はそのまま。
でもこのレトロな感じが素敵ですね。

有のパン8

店内も雑貨屋さんのように、木の家具にゆったりとパンが並べられています。
外にも中にも植物があって、いい空気が流れています。

この日はどしゃぶりの雨のあがった直後だったので混雑はしていませんでしたが、
駅からもけっこう離れた場所に、ひっきりなしに人がやってきます。
パンも目移りしている間にどんどん売れていってしまう勢い。
ネットで見ている限り口コミでかなりの人気店になっているようす。

この日は有宇山さんご本人が店にいらして、少しだけお話を伺いました。
酵母は全てノヴァ(現在はお兄さんのブッシュ一木さんが経営)のドライフルーツからおこしていること、
パンの種類によって使い分けていることなどなど。

有のパン2

繊細で美しいクロワッサン!食べちゃうのがもったいない。
油も控えめ、餡、チョコ、いずれも甘すぎずおいしいです。

有のパン3

手前左から右回りで
クランベリー・チョコ・くるみパン 王道の組み合わせ!クランベリーの酸味とチョコの甘さが絶妙
玄米と十五穀のブール 穀物の滋味の感じられる、それでいて重すぎないおいしさ
ライ麦パン ちょっと酸味のある味がチーズなどによくあいます

有のパン4

長~いバケット
ぱっと見た瞬間に美しいな~と思える「作品」ですね(写真ヘタでごめんなさい…)。
これがまたおいしいんです!
外はカリッ、中はもちっと、塩のあんばいが絶妙で粉の味が噛むほどにおいしい。
長時間熟成させてるとのことでしたが、小麦粉の種類はなんだろう。

曜日によって焼きあがるパンの種類が違うため、
まだまだいろいろな種類がありますが、予約しないとすぐ売り切れてしまいます。
東京で販売しているところもないそうで、行かないと買えないのが残念。

いつかこういうパンが焼けたらいいな

有のパン6

有のパン
栃木県那須塩原市三島2-10
TEL0287-28-6188
営業日 水・木・土・日 11:00~18:00























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。