RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03
11
Category : 雑感
あれからもう1年もたったんですね。

あの日、私は家から1時間以上かかる都内で仕事をしていました。
ちょうど子供は下校時間、学校からメールも来ない。
こちらから当然電話も通じない。電車はストップ。

途方にくれていたその時「車貸すから乗って帰りな!」とメールをくれた先輩。
わざわざ車を運んできてくれて。
(そういう行動が正しくなかったかも、ということは後に反省しましたが)
会社を飛び出した私を気遣って自転車を持ってきてくれた同僚もいました。
とっさの時に自分のことを思い出してくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

まずコンビニに飛び込んで携帯の充電器と電池、お茶とチョコレートを買い、
公衆電話に並んだ自分にも後で驚きましたが、
阪神大震災の経験が瞬時によみがえったのだと思います。
忘れたころにやって来るのが天災。

それからしばらくは陸前高田の八木澤商店の皆さんはじめ、
被災地の知人がどうしているのか、
原発はどうなるのかと、胃がしめつけられるような日々を過ごしたことは覚えています。

被災地の方々にはまだまだ長い道のりなのだと思います。
身近な人や故郷を失った人の悲しみを思うと言葉になりません。

今ここにいる自分ができることの小ささも思い知っています。
でもできることを続けていくしかないのですね。

今日は料理講座です。一年前のこのクールは震災の2日後だったため中止になりました。
こうやって食の仕事を続けていられることに感謝をしつつ、
自分にできることを一歩一歩やっていこうと思います。
食は人とつながり、元気になる種。

自分がお伝えできることはほんのわずかですが、
自分で料理して食べることが楽しい!と思っていただけるような、
そんな発信をしたいと思っています。

そういえば、一年前にのせた記事がこちら↓
http://yuntalife.blog118.fc2.com/blog-entry-210.html

やっぱり原発は止めましょう。
人間が手を出してはいけないものです。

今日は家族でキャンドルナイトをします。

合掌
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。