RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04
29
Category : 麹・糀
今回で4回目になった「塩糀&甘酒講座」。
3年前に初めて塩糀と出会った時においしさと文化的な背景に
「これはくるぞー」と思いましたが、ここまでのブームになるとはびっくりです。

今回も「はじめて塩糀料理を食べました」「まだ作ってみたがことないです」という方も多くいらして、
皆さんワクワクしながら参加してくださり、質問もたくさん、楽しい時間になりました。

塩麹0429塩麹&甘酒_画像 063
まずは塩糀と甘酒の作り方をご紹介。
「どのくらいもちますか?」「どうなったら失敗ですか?」等々
いたんだ時の判断基準についてのご質問がいがいに多かったのですが、
発酵食品ですし、塩分も高い塩糀はめったなことでは「食べられない」状態にはなりません。
甘酒も酸っぱくなってしまうことはありますが、料理に使ったりすれば捨てることはまずないです。

塩麹0429ラタトィユ_画像 089
「塩糀のラタトウィユ」
夏野菜の煮込み料理ですが、塩糀で作るとひと味もふた味も違います。
ゴボウやニンジンなどの根菜も加えて、野菜だけで作りました。
「汁がおいしいー」と一番驚きの声が多かったメニューかも。
ブイヨンも他の調味料もなんにもいりません!

塩麹0429とりむね焼き_画像 061
「塩糀の焼き鳥風」
塩糀は肉魚とあわせるとジューシーで旨みたっぷりになるのが特徴ですが、
鶏むね肉はその効果がはっきりわかります。
「パサパサしている」と使い道が思いつかないむね肉ですが、
今回は塩糀と生姜、ゴマ油などに漬け込んでおき、オーブン焼きに。
七味を振って食べると、これが串に刺さない「ねぎま」の味なんですね~
台所も汚れず、つまみにもぴったりこどもも大好き。
地味ですがリピート率高い料理です。

塩麹0429アスパラ炒め_画像 118
「アスパラとエリンギの塩糀炒め」
毎回、炒め物を紹介するかどうか迷うのです。
なぜかというとあまりにも簡単で講座でお話する必要があるかしらと思うから。
でも家庭で塩糀を楽しむには炒め物が手軽なので、今回は取り入れてみました。
この組み合わせは思わずベーコンを入れたくなりますがこれだけで充分おいしい!
「もやしの塩炒め」は一品としてありえない感じがしますが、
「もやしの塩糀炒め」はおいしいです。

塩麹0429豆ごはん_画像 071
「塩糀の豆ごはん」
塩糀を入れてごはんを炊くとおいしいのですが、
ちょうど「うすいえんどう」の旬でしたので、赤米の赤とともちきびの黄を加えて豆ごはんに。
「豆ごはん嫌いな私がおいしくいただけました!」という声もありました。

塩麹0429オリーブ塩麹_画像 121
「オリーブオイル塩糀」
もう塩糀の定番メニューなのですが、今回は初めて見る食べるという方が多かったので、
急きょ実食しました。
真夏に冷たく冷やしたトマトに塩糀と少量のオリーブオイルをかけていただくだけで、
とても贅沢な気持ちになります。

塩麹0429甘酒ゼリー_画像 106
「甘酒のオレンジゼリー」
甘酒のやさしい甘さとジュースで作る寒天ゼリー。
甘酒の穀物の味はやや重いので、柑橘の味がよくあいます。
今日は福原オレンジの果肉も加えました。

塩麹0429甘酒バナナドリンク_画像 097
「甘酒バナナドリンク」
これも「おいしいー」と驚きの声があったドリンク。
甘酒とバナナと水、レモン果汁少々をミキサーにかけるだけ。
食欲のない朝でもおいしく感じるドリンクです。
甘酒は「飲む点滴」と言われたくらい栄養豊富な飲み物ですから、
いろいろなフルーツと一緒に朝一杯、はとてもおすすめ。

塩麹0429パウンドケーキ_画像 073
「甘酒パウンドケーキ」
甘酒と干しいちじくの甘みで作る卵・砂糖・乳製品なしのパウンドケーキ。
しっとりした中に干しいちじくのプチプチとした食感がアクセントになっています。
今回、かなり難産したレシピでしたが、
そのかいあって卵なしでもしっとりふわっと、甘みのバランスのとれた一品になったと思います。

さて、今回も大変よくばりな講座で皆さん大丈夫だったかなーと思いますが、
いつも「材料の数はできるだけ片手でおさまるように」
「見てる時は拍子抜けするくらい簡単だけどおいしい」
「家庭で繰り返し作りたくなる」というメニューばかりをご紹介しています。

特に塩糀は「引き算」の調味料。
材料はシンプルでOK、他の調味料がいらない。
だからこそ、ちょっといい野菜や肉を買ってみようかな、とお財布に余裕もできます。
主婦の味方、魔法の調味料ですね。

★参加者の皆さん、ご質問などあればコメント欄に入れてくださればお返事いたします!


























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Re: No title

こんにちは。
戻す時の温度はどのくらい高かったのでしょう?
70℃くらいまでなら大丈夫かと思いますが、
すぐに冷めたかどうかも関係するのでなんともいえないです。
これだけ気温が高いと、1週間以内にブクブク始まると思うのですが、
あまり動きがなかったらちょっと心配ですね。
Facebookリンクしてくださったのでしょうか?
リンク歓迎です。ありがとうございます。
私もFbにページ持ってます。
そのままの名前で出るのでよかったら見に来てくださいね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
いろいろな方がいらっしゃるのでコメント欄はまだ非公開にしています。
昨日みなさんの前で仕込みをお見せした塩糀ですが、
種を入れておいたらもう今日の夕方にはブクブクが始まっていました!
今くらいの気温だといちばん作りやすいと思います。
ぜひいろいろ楽しんでみてくださいね。
ブログの更新がなかなかおいつかないのですが、
これからどんどんレシピも掲載していきたいと思っていますので、
また見に来てくださいね(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。