RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08
12
今回のテーマはたかきび。
アフリカなど暑い土地でも多く作られていて、
カリウム分などが多く夏においしく感じられる雑穀です。

つぶつぶ基礎バーガー画像 116
たかきびハンバーグのベジバーガー。
炊いたたかきびと野菜などでパティを作り、ベジバーガーに。
カンタンではありますが混ぜ方焼き方などちょっとしたコツで
おいしさが変わってきます。

今回はバンズも焼きました。
味輝酵母でたかきび粉10%を加えています。
たかきび粉は生地が重くなるので、
10%くらいが食べやすいようです。
小麦粉と違う香ばしさ、もちもちっとした独特のおいしさです。


つぶつぶ基礎高きびソース画像 097
たかきびと野菜で作るシンプルなソース(手前)が
キーマカレー(中)、麻婆豆腐(奥)などにアレンジできます。

つぶつぶ基礎トマトソース画像 092
こちらはたかきびのソースから作るトマトソース。
今日はじゃがいもにのせて素朴にいただきましたが、
そのままパスタソースにしてもおいしいです。

つぶつぶ基礎たかきびくずもち画像 134
葛粉にたかきび粉を加えて作る、小豆色の本格派のくずもち。
市販のくずもちは馬鈴薯でんぷんを使っていることが多く、
こだわった和菓子屋さんでもないかぎり葛粉100%のくずもちにはお目にかかれません。
くずもちはぜひ手作りで!

つぶつぶ基礎たかきび甘酒画像 139
米の甘酒と同じように、たかきびのおかゆから甘酒ができます。
小豆色のペーストはそのたかきび甘酒をフードプロセッサーにかけたもの。
ほんのりチョコレート味のするおいしい甘酒です。
今日はフルーツと一緒にそのままいただきましたが、
パフェやアイスにしてもかなりおいしいです!

たかきびは大粒で固いので、一晩水に浸けるか圧力鍋で炊く必要があります。
その分ちょっととっつきにくいのですが、
炊き方さえマスターすればしっかりした食感と色でアレンジが楽しめます。
ぜひ一度お試しを!

次回は
9月9日(日)雑穀健康クッキング・実践編
「たかきびミートボール&たかきびだんごのぜんざい他」
応用自在の肉ではないミートボールの作り方、
ノンシュガーの餡から作るぜんざいなどを参加者の皆さんに実際に作っていただきます。

しっかり見て、たくさんの種類を食べられると好評の基礎編は
10月14日(日)「雑穀スィーツ&パン」
雑穀や雑穀粉を使ったお菓子の基本テクニックとかんたんなパンを紹介。
甘いものは食べたい、でも砂糖はとりたくない太りたくないという方におすすめです!






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。