RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09
14
手前みそP9125917

我が家の手前味噌

以前にも、味噌はほぼ1年中作れるということを書きましたが、
今食べているのは昨年12月に仕込んだ味噌。
8月中ごろから食べ始め、
最近いいあんばいになったところで冷蔵庫にしまいました。

今回の味噌は上々の出来で、家族も大絶賛。
その時々でうまくいったり少し残念だったりするからおもしろい。
味噌がおいしいと毎回の食事が楽しくなるから不思議です。

少しずつ時期をずらして年2~3回仕込むことで、
年中フレッシュな味噌が食べられるので、
我が家は手前味噌プラス、間で各地の味噌屋さんの味を楽しむ、
というリズムになっています。

ところで、手前味噌は買った味噌に比べて安いのか高いのか
計算してみました。

今回の仕込み
国産大豆(ミヤギシロメ) 1kg 945円 
米こうじ(厚木の井上糀店)1kg 1250円
塩(海の精+青い海)320g だいたい500円
合計2695円で4kgくらいできあがります=674円/kg

自然食品店で売ってるまっとうな味噌は1kg800~1000円くらいはしますから、
光熱費を入れてもやっぱりお安いのでした。
大豆を自分で作ったらもっと違うでしょうね。

ちなみに、塩の価格でもかなりの差が出ます。
以前は海の精だけで仕込んでいたのですが、
いがいと塩角が出るような気がしてシママースで作ってみたり。
今回は塩を2種類混ぜておいしい味噌ができました。
塩以外の要素も大きいので、塩の味の差がどのくらいなのかは
なかなか評価が難しいですね。

単純に原料価格を計算してみましたが、
家族で作る楽しさ、我が家の味の最たるもの、
お金には代えられない喜びがあるのが手前味噌です。








 







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。