RSS
Admin
Archives

ねっこ~町でもできる自給自足的暮らし

自給的に暮らす。作る食べる楽しむ。素材を愛して手作りする。麹&雑穀&野菜料理、畑、食べものの作り手などについて綴っています

プロフィール

yunta

Author:yunta
町でもできるスローな自給自足的暮らしを実践する人。かつて「くらしの木」という雑誌を発行し有機野菜の宅配をしていた会社にて、倉庫業務から商品開発まで、有機農業運動創成期の海を泳いだ世代。後に雑穀料理「つぶつぶカフェ」で料理人を数年。現在はレシピ作成・商品企画などの仕事の他、雑穀&野菜料理講座、甘酒&糀講座を開催中。
手作りしてみることが好きでいろいろなことをやっていますが、「何でも作ろうと思えば作れる」と体感したことの自信は、生きていく上でずいぶんと人を支えてくれる気がします。ブログタイトルのOrganicは狭義の有機認証のことではなく、広義の「有機的な、自然な」という意味です。
ちゃんと自分の手で自分の暮らしを作ること、そのために本当に必要なものを真っ当な対価でいただく。作ってくれた人に感謝する。そうした日々の積み重ねが、自立した人と人が共生できる社会、自由への道に少しはつながるんじゃないか。そう思っています。

■これから開催の講座はコチラ←■
■別館「糀生活」はこちら
糀のことだけまとめています←■

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11
26
カート画像 002

出張料理教室の相棒です。
たいがいどこへ行くにもこのカートをガラガラひいて行きます。

荷物送ればいいじゃん、って言われそうですが…
前日まで内容に悩んで荷物増えたり、
鮮度熟度が気になるものはやっぱり自分で買いに行ったり、
なんだかんだでいつもこの荷物。
車は時間が読めないので使わないことも多いし…。

電車に駆け込むのに、
10kg以上はあると思われる荷物かついで
階段を駆け下り、何度転がり落ちそうになったことか!

料理教室のご依頼があった時に
「どんな設備が必要ですか?」と
聞かれることが多いのですが、冗談半分に
「基本、火があればできます」とお答えしています。

極端な言い方ではありますが、
料理教室は生きてく知恵のカケラをお伝えすることだと思うので、
原っぱの真ん中でも焚火があれば料理はできるし、
料理教室だってできるんですよね。

もちろん設備があればできることはどんどん増えますが、
私は火があればどこでもできる、
というコンセプトも大事にしたいと思っています。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Re: 先生で良かった!

こんにちは。嬉しいコメントありがとうございます!実はコメントを承認して表示する方法がよくわからないままで…非表示でごめんなさい。昨日はフラの発表でしたっけ?いかがでしたか。お天気がよくて気持ちのよい日でしたね。
アマランサスは、かなりおいしかったです(先ほどブログにUPしました)。またの機会にぜひ~。次回はきらりさんHPの方でもご案内してますが、ミンスパイとシチューポットパイ作りますよ。
渡部さんのご要望にあるような基本的なクラス含めて来年のプランも練っている最中です。楽しんでいただけるようにがんばりますので、これからもどうぞよろしくお願いします♪
(生涯学習の醤油麹講座、抽選になったみたいですが当選できましたか?)





> こんにちは。きらりでお世話になっている渡部です。先生のブログを読んでいて、先生だから続けられるなぁと思ってコメントです(^_^)
> 簡単で、美味しく!先生のメニューは生活に取り入れやすいので助かっています。

> 仕事でなかなか台所に立つ時間が無いので、少しずつ作って行きたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。